event / workshop

2016/11/27 (日)

燕三条ミニ四駆大学 OPEN CAMPUS 2016

OC220220

燕三条ミニ四駆大学 OPEN CAMPUS 2016

イベント開催日時
11月27日 (日)
~ 11月27日 (日)

三条ものづくり学校内の「燕三条ミニ四駆大学」は、燕三条産の工具を使ってミニ四駆のカスタマイズが出来たり、常設のコースでミニ四駆のレースが楽しめたりと、子供から大人まで誰でも利用できる新しい学びと遊びの場です。

2015年12月のオープンから1年が経過して大学会員数も450人を突破し、ますます勢いに乗っている燕三条ミニ四駆大学。1周年を記念したイベント「燕三条ミニ四駆大学 OPEN CAMPUS 2016」を11月27日(日)に開催しました!

当日は、レースやワークショップ、展示にトークショー、限定商品を取り揃えた物販コーナーなどミニ四駆にまつわる多様なコンテンツや、暖かい食事を乗せたキッチンカーをご用意しました。
メインイベントは何と言っても多目的ホール(旧体育館)の広いスペースを利用した「第一回 燕三条ミニ四駆大学 学長杯」。この1年間でご用意した中で過去最長の231.56mのコースを利用したレースは大人気で定員オーバーに!(参加できなかった方、ごめんなさい!)「がんばれー!」などギャラリーから暖かい声援が飛び交う中、子供から大人まで白熱した戦いが繰り広げられました。

燕三条地域で作られた精巧な工具を使って組み立てる「燕三条の工具でつくろう!マイミニ四駆ワークショップ」や、最新の3DCADを利用してカーデザインを楽しめる「3Dモデリング体験 ~オリジナルのミニ四駆ボディを作ってみよう~」、三条ものづくり学校入居者 山田仏壇店の「蒔絵体験 ~ミニ四駆を蒔絵で飾ろう~」。それからスマホと接続して遊べる乾電池型のIoT製品“MaBeee”で遊べるコーナーなど、ミニ四駆初心者でも1日中楽しめるワークショップが盛りだくさん。

自慢のマシンを展示し見た目を競う「コンデレ展覧会」や、ミニ四駆のパッケージの“書体”へアプローチした企画展「パッケージ書体で見るミニ四駆」など“見て楽しむミニ四駆”も会場を大いに盛り上げました。

夕方からは、大人気ミニ四駆“RAIKIRI”のデザイナーとして知られ燕三条ミニ四駆大学の学長でもある根津孝太氏の特別講義を開催しました。ものづくりとホビーの楽しさについて語って頂いた90分間ではミニ四駆の開発秘話も登場!子供から大人まで目をキラキラさせながら聞いている参加者がたくさん。スタッフも仕事を忘れてついつい聞き入ってしまいました…。

全国からミニ四駆愛好家が集まり(遠いところでは、なんと広島から!)小さいキッズからファミリー、カップルなど多くの来場者の熱気に溢れ、肌寒い冬の気温を吹き飛ばすくらい盛り上がった三条ものづくり学校館内。年齢や性別を越えて誰でも笑顔になれるミニ四駆の魅力を実感する1日となりました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!!


燕三条ミニ四駆大学 OPEN CAMPUS 2016
日程:2016年11月27日(日) 9:00〜17:30
内容:ミニ四駆レース、ワークショップ、展示、トークショー、フードブースなど
会場:三条ものづくり学校(新潟県三条市桜木町12-38)
主催:三条ものづくり学校
協賛:ANEX
協力:有限会社znug design/株式会社タミヤ/UX新潟テレビ21
後援:三条市
http://sanjo-school.net/?p=5781


1

2

3

4

5

6

7

8

8+

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27