event / workshop

2017/8/19 (土)

僕らの自販プロジェクト塾 vol.1[三条ものづくり学校共催]

thum

僕らの自販プロジェクト塾 vol.1[三条ものづくり学校共催]

イベント開催日時
8月19日 (土) 13:30
~ 8月19日 (土) 17:00
場所
3F 301号室 Library
参加費
無料
持ち物
販売希望商材・技術など紹介できるもの
講師
金谷勉(CEMENT PRODUCE DESIGN) 萩野光宣(有限会社エフディー
主催
有限会社エフディー
対象
・2~3年で、柱となる商品を本気で作りたい、販売したい会社 ・自社の技術を他社のものづくりに活かしたい、協力したい会社 ・商品開発になにかしらの形でかかわりたいクリエイター
申し込み
名前・会社名・役職・連絡先・自社商品プロトタイプの有/無・懇親会の参加/不参加を明記の上、hagino@fdn.co.jp(有限会社エフディー)までご連絡ください。 締め切りは8月18日(金)17:00まで。
お問い合わせ
TEL:025-378-2800 MAIL:hagino@fdn.co.jp
共催
三条ものづくり学校

商品企画から流通までがデザイン。その流れを学び、実践の場に移す塾。
それが「僕らの自販プロジェクト塾」です。

8月19日(土)に僕らの自販プロジェクト塾 vol.1と題して第一回目を開催します。当塾への参加を検討している方はもちろん、トークの聴講のみ希望される方の参加もOKです。どうぞご参加ください。

 


僕らの自販プロジェクト塾 vol.1
【開塾日時】
2017年8月19日(土) 13:30〜17:00(受付 13:00〜13:30)
【学び舎】
三条ものづくり学校 3F 301号室 Library(三条市桜木町12-38)
【講師】
金谷勉(CEMENT PRODUCE DESIGN
萩野光宣(有限会社エフディー
【スケジュール】
■ 第1部 13:30〜15:00
①開塾のねらい、コース内容について説明(萩野氏)
②トーク(金谷氏)
■ 休憩 15:00〜15:30
■ 第2部 15:30〜17:00
ワークショップ
…自己紹介、持参商材紹介
…講師・参加者との意見交換
■ その後、18:00から燕三条駅前で懇親会を予定しています。(参加費は当日別途徴収)
【参加費】
無料
【持ちもの】
販売希望商材・技術など紹介できるもの
【定員】
30名
【お問い合わせ】
有限会社エフディーまでご連絡ください。※8月11日(金)〜16日(水)はお休みをいただきます。
TEL:025-378-2800
MAIL:hagino@fdn.co.jp
【お申し込み】
締め切りは8月18日(金)17:00まで。
名前・会社名・役職・連絡先・自社商品プロトタイプの有/無・懇親会の参加/不参加を明記の上、hagino@fdn.co.jp(有限会社エフディー)までご連絡ください。


【講師プロフィール】
Kanaya
金谷勉
1971年大阪府生まれ。
京都精華大学人文学部卒業後、企画制作会社に入社後、広告制作会社を経て、1999年「CEMENT PRODUCE DESIGN」設立。商業施設の広告デザイン、UNIQLO「企業コラボレーションTシャツ」のディレクション、Francfrancとの商品企画開発、など幅広くデザインをプロデュース。また、起業時より自社商品の流通を始め、流通も見据えた形での地場産業との協業事業も進めており、「ガイアの夜明け」、「NHK WORLD」で取り上げられた。現在は各地の製造事業者のモノづくり支援のアドバイス、講義も受け持っている。

hagino
萩野光宣
1965年 新潟県黒埼町(現新潟市)生まれ。
1991年 flexdesign productsとして活動開始。
1999年 有限会社エフディー設立。新潟を中心に、優れた金属加工技術・日本の道具のあり方を世界へ伝え続け、モノづくり現場とのコミュニケーションに重点を置きデザイン活動を行っている。
セルフプロフダクトとしてFD STYLEを世界10カ国に展開。
iF Design Award, Wallpaper Design Awards, GOOD DESIGN AWARD Best100, ものづくりデザイン賞, 他受賞暦多数。

 


 

 
僕らの自販プロジェクト塾
【期間】
2017年8月~2018年2月(5~6回)
【開催日時】
平日 18:30~20:30。開催日詳細は後日発表します。
【学び舎】
三条ものづくり学校(三条市桜木町12-38)
【募集塾生】
・2~3年で、柱となる商品を本気で作りたい、販売したい会社
・自社の技術を他社のものづくりに活かしたい、協力したい会社
・商品開発になにかしらの形でかかわりたいクリエイター
【卒塾までの流れ】
デザイン、流通、売り場のプロから、商品開発から販売していく上で、何が必要かを学ぶ。
 ↓
真のクライアントである「使い手」を意識した自社商品開発。
2018年2月に開催する某展示会での商品発表・見学。(希望者は当プロジェクトブースでの出展)
 ↓
展示会での反応をその後の展開に活かす。商品開発から売り場への実践。
【主催】
有限会社エフディー
【共催】
三条ものづくり学校